冬の贅!ふぐ料理
globefish

冬の贅!ふぐ料理

globefish

極上のとらふぐを喰う

秋から冬にかけて食べると言ったらやっぱりフグ。10月に解禁し、3月まで食べられます。
フグはてっさやてっちり、唐揚げに焼フグと、オーソドックスな食べ方はもちろん、趣向を凝らした現地ならではの味もぜひご堪能ください。

とらふぐの漁獲量、日本一!?

愛知県は日本で一、二を争う「天然とらふぐ」の水揚げ量を誇っています。近年の海流の変化もともない、渥美半島の沖合いは天然とらふぐの好漁場になっているのです。現在、知多半島で大切なふぐを傷つけないように一匹一匹釣り上げる漁法「延縄漁」を行っている漁船は約150隻。全国有数のとらふぐの漁獲量を支えています。

とらふぐのおいしい食べ方

てっさ
薄く切ってある身を2、3枚箸でとり、薬味の入ったポン酢のたれでいただきます。お好みの薬味(もみじおろし,あさつきのきざんだもの)を入れてもおいしいです。ポン酢には、その宿の板長のこだわりがあります。それぞれ食べくらべてみてもおもしろいかも。
てっちり・雑炊
てっちりは、お鍋に水をはり、ダシ用の昆布を入れて火にかけます。沸騰したら昆布を取り出し具をいれ、その際、最初にアラ付きのフグ身を入れてしばらく煮ます。しっかりダシが取れたら、お野菜やふぐ身などの具を入れて完成です。雑炊は、ふぐの身を食べ、早る気持ちをおさえて、しっかりダシを取ると、雑炊が美味しくなります。
から揚げ
外はカリッと中はふんわりジューシー、さっぱりとした中にふぐならではの深みのある味わいが・・・。
その揚げ方、味付けには、それぞれの宿のこだわりが出る一品です。
ひれ酒
時間をかけて、天日干ししたヒレをじっくり丹念に何度も裏がえしながら灸ります。ヒレがキツネ色になったら熱爛を注ぎフタをし、お酒が黄金色になるよう蒸らします。是非、知多の地酒でお楽しみ下さい。
白子
白子の食べごろは12月から。お刺身、焼白子、天ぷら、蒸し白子、茶わん蒸し、白子酒、鉄ちりに入れたり、雑炊に加えたり、様々な料理でお楽しみいただける「珠玉の食材」です。

とらふぐのおいしい食べ方

イベント月日開催場所
ふぐてっさコンテスト平成28年10月10日(月)8:30~ ※終了しました。日間賀島西港 かもめ売店前
日間賀島ふぐまつり平成29年2月12日(日)9:00~日間賀島東・西港
【お問い合わせ】
電話0569-62-3100[南知多町観光協会]
電話0569-67-3700[篠島観光協会]
電話0569-68-2388[日間賀島観光協会]