« 年間のお祭・イベントのページへ

日間賀島
たこ祭り(日間賀島)
日時平成30年8月12日(土)  
毎年8月12日開催
場所日間賀島東浜海水浴場
【祭りのいわれ・歴史】たこの供養と豊漁を祈願する祭りとして行われる。たこ漁が盛んな日間賀島には、かつて漁師の網に掛かった大たこが仏像をしっかり抱えていたという言い伝えが残る。仏像は島の東集落にある安楽寺に祭られた「たこ阿弥陀(あみだ)」として島民に親しまれている。祭りは平成4年ごろこのような島の伝統を子供たちに伝えようとして、イベントを合わせた企画として始まった。
【まつりの内容】まつりは午前の部と夜の部に分かれており、午前の部は、たこ供養を主とした祭りが中心となっている。地元小学生によるたこ神輿担ぎや、たこのつかみ取りが行なわれる。夜の部は、地元の子供達による太鼓やダンスがあり、最後は打ち上げ花火などが行なわれる。
【交通】(電車)名古屋鉄道河和線 河和駅より河和港へ徒歩10分。 河和港から高速船にて日間賀島東港へ約25分(車)知多半島道路経由、南知多道路経由で師崎港へ。 師崎港から高速船にて日間賀島東港へ約7分【駐車場】島には駐車場なし。 師崎港に公共駐車場有。台数193台 1時間100円電話0569-68-2388(日間賀島観光案内所 営業時間10:00~17:00)http://www.himaka.com